Google Maps APIsを使ったサービス向上

  • GoogleMapsAPIsを導入するとお得

    • 地図を利用したいときは専門の会社に依頼するといいでしょう。
      ほとんどの業者は無料で利用できるシステムを採用しています。
      トランザクションにより有料化するシステムを採用するので会社規模によってはお得に利用できる場合が多いです。

      GoogleMapsAPIsも同じようにアクセス数で有料なのか無料なのかを判断しているのが特徴となっています。

      Google Maps APIsが気になる方に必見の情報です。

      基本的に90日間に25000回以上の地図表示を行った方が有料化の対象となっているので理解しておきましょう。

      25000回は中規模や大規模の企業に起こりうるアクセス数なので小規模なサービスではあまり気にする必要はありません。


      一定数のアクセスが連続で続かないサイトでは無料なので小規模の商売をしているお店なら大幅なコスト削減ができるのがメリットです。



      GoogleMapsAPIsの特徴としてマニュアルが一部英語となっています。


      日本人でも理解しやすいように丁重に説明されているのでわかりにくいということはないです。有料のプレミアムプランは年間契約も用意されています。



      プレミアムプランは広告が表示されないシステムで技術的なサポートも行ってくれるのが特徴です。


      標準版にある機能制限も解除されるので使い勝手が良くなっています。


      スマートフォンではアンドロイドとiOSデバイスに対応するので幅広いお客さんが利用可能です。
      GoogleMapsAPIsは地図情報も常に更新されるので、使い勝手が良いといえるでしょう。