Google Maps APIsを使ったサービス向上

  • Google Maps APIsを使って地図を表示

    • GoogleMapsAPIsを使えばサイトに地図を挿入可能ですが、GoogleMapsAPIsはグーグル社が提供するAPIの総称、それぞれの機能を使うためにはAPIキーと呼ぶものが必要です。

      こだわるならGoogle Maps APIsに関してお困りですか。

      単にサイトに地図を掲載するのであればGoogleMapsAPIsを使う事なく、グーグルマップで生じしたい地図を表示させてからURLをコピーすれば可能になります。

      しかし、同じような事をやっていてもサイトに訪れたユーザーにアピール出来ない、もっとすごい事をしてユーザーにアピールしたいと考える人も多いと言えましょう。

      グーグル社が提供するAPIにはユーザー好みのマップを作り出されるインターフェースが多数用意してあります。



      APIキーの取得はグーグルアカウントを最初に取得しておきましょう。

      アカウントを作成した後はログイン、GoogleMapsAPIのウェブページに移動、画面右上にあるキーの取得をクリックします。MapsWebAPIの有効化の中で「Selectorcreateproject」メニュー内にある「Createanewproject」を選択してプロジェクト名を入力、「CREATEANDENABLEAPI」をクリック、以上のステップでAPIキーを生成する事が出来ます。

      初心者でもすぐに出来ますし、グーグルの公式サイトを使えば操作方法やグーグル社が提供しているAPIの種類やそれぞれの特徴紹介などを閲覧出来るようになっています。
      キーの取得を行えば、マップを視覚化して、正確なルート案内、グーグルマップの魅力の一つでもあるストリートビューなどのリッチなマップ機能を使えるようになります。


      また、JavaScriptの知識を持たない開発者でも利用が出来るメリットを持ちます。