Google Maps APIsを使ったサービス向上

Google Maps APIsを使ったサービス向上

地図は、イベント会場や店舗までのアクセス方法を知るのに欠かせないツールであり、初めて訪れる場所へ行くのに役立ちます。


企業が顧客を店舗やイベント会場までスムーズに誘導させたい場合、企業の公式サイトに地図情報とアクセス情報を掲載しておくのが有効です。

様々な分野のGoogle Maps APIsの情報が豊富です。

地図機能をWebサイトに搭載させたいのであれば、GoogleMapsAPIsを導入するのが適切です。



GoogleMapsAPIsには、世界中の地図情報とその画像データを呼び出す為のAPIが揃っており、JavaScriptなどのスクリプト言語から呼び出す事が出来ます。

GoogleMapsAPIsをWebサイトに導入するには、このAPIを使うのに必要なキーを取得した後に、JavaScriptからAPIを呼び出し、使いたい機能があるメソッドをスクリプトの中に記述します。


GoogleMapsAPIsは、地図情報の表示だけでなく、マーカーの設置や経路情報の可視化、ストリートビューの利用やマーカーに説明文を加えるなどといった機能を提供しており、企業が顧客に提供したい機能を使えるようになっています。

GoogleMapsAPIsを使ったサービスの向上を図る事で、店舗を持つ企業にとっては集客を効率的に行えるようになります。企業のアイデア次第で、APIを使った魅力的な地図コンテンツを充実させる事ができ、顧客に興味を持ってもらえる環境作りが出来るようになるでしょう。



  • Google Maps APIsをよく学ぶ

    • 従来、地図をサイトに掲載するには月数十万円という高額な使用料がかかり、とても個人に実施できる代物ではありませんでした。それを可能にしたのが「GoogleMapsAPIs」です。...

      detail
  • Google Maps APIsの知識を増やす

    • ブログやホームページに載せているGoogleの地図をカスタマイズしたいのであれば、MapsAPIsという仕組みを利用してみると良いです。この仕組みを活用できれば、特定のポイントに地図の表示と同時にマーカーを設置することが出来たり、特定の範囲を枠で囲ったりすることができ、カスタマイズの幅が大きく広がります。...

      detail
  • Google Maps APIsの重要知識

    • 地図を利用したいときは専門の会社に依頼するといいでしょう。ほとんどの業者は無料で利用できるシステムを採用しています。...

      detail
  • Google Maps APIs入門

    • GoogleMapsAPIsを使えばサイトに地図を挿入可能ですが、GoogleMapsAPIsはグーグル社が提供するAPIの総称、それぞれの機能を使うためにはAPIキーと呼ぶものが必要です。単にサイトに地図を掲載するのであればGoogleMapsAPIsを使う事なく、グーグルマップで生じしたい地図を表示させてからURLをコピーすれば可能になります。...

      detail